売れないと決めつけないで!壊れたiPhoneでも買取可能店は?

買取サイトを利用するために注意するポイントは?

買取不可になるケースに注意する

 

  • 本体の原型がないほど破損している場合。
  •  

  • セキュリティ設定が解除されていない場合。
  •  

  • ネットワーク利用制限が△や?担っている場合。
  •  

  • 本体初期化不可能な場合。
  •  

  • まだ本体の分割支払いが終わっていない場合。

 

 

買取サイトによって様々なケースがあります。

 

付属品(専用アダプターなど)がない場合や、iPhone本体は起動するが水没した事が一回でもあったりした。またはそのような痕跡があった場合も買取NGといった買取サイトもあります。

 

上記項目は、ほとんどの買取サイトで買い取りできないケースなので特に注意しておきましょう。

 

 

データ消去での注意点

 

データ消去する前にバックアップを取る

 

iPhoneのバックアップ方法は2通りの方法があります。

 

  • iTunesでバックアップする。
  •  

  • iCloudでバックアップする。

 

参考記事  iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

 

【iPhoneを探す】をOFFにしてから初期化しないと買取不可になるので注意しましょう。

 

 

iPhoneを探す機能は紛失した際に位置情報を教えてくれる機能だけではありません。
紛失や盗難などの被害からiPhoneを守る為にアクティベーションロックがかかってしまうからです。

 

詳しくは、Apple公式サイト 「iPhone を探す」のアクティベーションロック を参考にしてください。

 

アクティベーションロックは最初に設定した本人しか解除する事ができないので、アクティベーションロックが設定されたままだと、
たとえ買取にiPhoneを出したとしても、再利用する事はできません。

 

ですので、アクティベーションロックを解除する=iPhoneを探す機能をOFFにしておく事が買取時には必須になります。

 

 

 


トップページ 高く売る為のポイントは? 買取で気を付けたい事は? 下取りと買取の違いは?